糖尿病治療で正しい薬の使い方【安心して使える薬をリサーチ】

脳

病気が気になる人に

脳出血患者は若い世代に増えています。原因として、食生活や不規則な生活が挙げられます。リハビリは急性期から維持期にかけて行われます。しかし、社会復帰への道のりは厳しく、理想通りの復職を果たす可能性は低い為、早期からの予防が重要です。

詳しく見る

カウンセリング

これを続けることが大事

心筋梗塞は突然死を招く恐れがあり、どの世代においても発症する恐れがあります。この病気は生活習慣病との関連性も高く、日々の生活を見直す事で予防にもつながります。適切な運動と食事管理、そしてストレスの少ない生活が予防法として重要です。

詳しく見る

医薬品

日本人に発症が多い理由

糖尿病という疾患は生活習慣病の一種で、糖質の多い食事が要因となって起こります。インスリンの分泌量が少ない日本人に、発症リスクが高い疾患であるのはご存知でしょうか。有名な治療方法としてはインスリン投与ですが、経口薬の種類も増えてきたので薬物療法も併用されることがあります。

詳しく見る

施設

これだけは知っておきたい

脳出血の後遺症者に行われるリハビリは、3つの専門職によって行われます。それぞれの職種の特徴を活かした関りが、障害の悪化を予防し、生活の質の向上に大きな影響をもたらします。急性期から維持期の医療を中心としたリハビリだけでなく、介護保険においてもリハビリは受けられます。

詳しく見る

女医

定期検診を受けよう

心筋梗塞はいきなり生じることがあるので、とても怖いものです。しかし、日頃からきちんと定期検診を受けていれば動脈硬化などをいち早く知ることができ、治療もできます。人間ドックなどの検査を受けるようにしましょう。

詳しく見る

血糖値が上るときのみ作用

医薬品

コントロールに使いやすい

食事の中にはいろいろな栄養分があり、それらを摂取すると消化吸収されます。体を動かすのに必要なエネルーとして糖分が知られていますが、炭水化物が大部分を占めるかもしれません。特に異常のない人は血中に糖分があるとインスリンが分泌してエネルギーに変えてくれます。しかし糖尿病の状態だとうまくエネルギーに変えられないときがあり、その時は血糖値を下げるための治療薬を服用します。ただし服用方法を間違えると体調に異常をきたすときがありました。糖尿病の治療薬を利用するときに知っておくと良い情報として、血糖値のコントロールがしやすいタイプの存在でしょう。通常は飲むとその時の血糖値が高い時はどんどん下げてくれます。でも正常な状態でも低い時でも下げてしまうため低血糖の状態になります。糖尿病の治療薬には血糖値が高い時のみ血糖値を下げる作用が働くタイプがあります。血糖値が高い時は下げる作用をしてくれますが、正常値などであれば下げずにそのままの状態を維持してくれます。糖尿病の治療薬には肝臓に作用して、肝臓からのブドウ糖放出を抑えてくれるタイプがあります。さらにインスリンの働きをよくしてくれますが、インスリン自体の分泌量を増やすわけではありません。この薬のみを使用したとしても低血糖が起こらないようになっているので、こちらも低血糖が心配な人には助かるかもしれません。高くて異常な状態を解消しようとして体調不良が起きては元も子もありません。コントロールしやすいタイプもあることを知っておきましょう。