糖尿病治療で正しい薬の使い方【コントロールしやすいタイプもある】

これを続けることが大事

カウンセリング

予防の為に必要な知識

心筋梗塞は突然死を招くこともある恐ろしい病気です。主に冬場に多く、時間帯としては朝方に起こりやすいといえます。日常生活習慣病との関係も深く、喫煙や肥満、ストレス等が原因となりうる病気です。加齢に伴う血管の老朽化が原因ともいえますが、多くは日々の不摂生が症状を悪化させるともいえます。その為、心筋梗塞にならない為にも日々の生活面での予防が重要です。具体的にどの様な点を意識すると予防できるのかというと、まずは運動習慣を身に着ける事です。また、心筋梗塞には高い負荷の運動よりも、心臓に負担をかけ過ぎない様にする必要があります。具体的には、ジョギングよりもゆっくりと歩くウォーキングの方が良いですし、呼吸も早く頻回に行うよりもゆっくりと吸い込み吐き出す様にします。エルゴメーターと呼ばれる、台に固定された自転車で負荷量を調整しながら行う全身運動が心臓リハビリの一環として良く用いられています。体調に応じた有酸素運動を行う事で、血液中の酸素が増し、循環が良くなります。また、食事方法も重要な予防法といえます。先程の生活習慣病との関係から、塩分を少なくし、カルシウムが豊富な魚を意識して摂取しましょう。カルシウムを多く摂取する事で心臓の働きをスムーズにし、血栓等を生じさせ難い効果があります。正しい運動と食事管理が心筋梗塞の予防につながりますが、その他にもストレスを溜めない事が大事です。ストレスが溜まる事で心理的な負担が増し、交感神経が活発になる事でも心臓に負担がかかりますし、不眠等による精神状態の不安定さが喫煙や飲酒の増量へとつながる可能性もあります。運動と食事、そしてストレスの少ない生活を行う事が心筋梗塞の予防にお勧めです。