糖尿病治療で正しい薬の使い方【安心して使える薬をリサーチ】

定期検診を受けよう

女医

症状を把握する

急に倒れてしまわないようにするためには、日頃から定期検診を受けることが一番です。最近は血液検査だけでも、いろいろな病気を知ることができます。例えば、心筋梗塞に襲われないようにするためには、動脈硬化になっていないかどうか調べてみましょう。また、心筋梗塞の症状について把握しておくのも大事です。胸が苦しくなったり、冷や汗が出たりといった症状があります。しかし、これだけでは熱中症などの症状にも当てはまるので、必ずしも心筋梗塞だとは言えません。素人ではなかなか判断がつきにくいのが心筋梗塞なのです。少しでもいつもとは違った苦痛を感じた場合には、すぐに病院を訪れましょう。早期発見による早期治療なら重篤な状態にならずに済むことがあります。心筋梗塞というと、有名な女優が軽い心筋梗塞で入院したことがありますが、これは軽かったのと早期治療だったため重篤にならずに済みました。このように、周りも迅速な対応をすることが大事です。それから、定期検診によって動脈硬化が分かった場合にはすぐに治療を始めましょう。食事の見直しも大事です。もちろん適度な運動も必要になります。規則正しい生活を行っているつもりでもいきなり倒れることはあるため、定期検診は必要です。人間ドックも念頭に置いておきましょう。心筋梗塞は心電図検査などからも分かります。会社の健康診断がきっかけで分かることもあるので、フリーで働いている人は自分で人間ドックを受けるなど意識してみましょう。